不眠症の原因に多いストレス

不眠症の原因に多いストレス

夜寝ようと思ってもなかなか寝付けない、目覚まし時計よりも早く起きてしまう、または質が悪い睡眠が続くなどの症状を不眠症と言います。
ゆっくり眠れないため、前日の疲れが十分にとれず、疲労感の残った目覚めになってしまいます。

 

そんな不眠症の原因には様々なことが挙げられますが、中でも特に昨今増えているのがストレスです。
会社や学校、親戚、近所など対人関係から生じやすいもので、初めのうちは自分で気づかないことも多いです。
しかしこれが積み重なると、心身共に緊張が続きやすくなり、結果的に睡眠のときにも影響が出ることになるのです。

 

とはいえ対人関係を見直すのは、そう簡単にできるものではありません。
そこで心がけたいのは、趣味など好きなことで気持ちを落ち着かせ、リラックスするようにすることです。
リラックス効果のある音楽を聴くことや、心身の興奮を鎮めるアロマを利用することなども効果的です。

 

不眠症はそのままにせず、こういった方法を試してみるほか、それでも無理なときには薬に頼ってみるのもよい方法です。